読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしく、楽しく、自由に。

人生気楽に、自分らしく生きたいのに、ずっともがいてる人の成長ブログ。30代一人暮らし。

好きな曲を好きな時にきくこと。

こんにちわ。京子です。

自分にとっての精神安定剤みたいな音楽がたくさんあってその時の気分でユーチューブできいて本当に救われています。

その時の状況によって大分変わってきます。 Jポップだったりアニソンだったり(今時のアニメのオタクっぽいやつではなく単純に自分が子供の頃見ていたアニメ)、ロックだったり。そして、合唱曲の日もあります。

(こわいと言われたこともありますが自分がききたいんだから仕方ないです)そして、本同様に、音楽にも偏りがあります。まず洋楽はほとんど聞きません。

アニソンに関しては、幼い日のことを思い浮かべて母との思い出なんかを懐かしみたいのかと。純粋にあたりまえに母が大好きだったあの頃に戻りたいのかもしれません。

自分が4歳位〜6歳位までの時の曲をきくと、なんというか胸を締め付けられるような苦しいような切なくて涙が出る感情になります。メイプルタウン物語(初期のオープニング)などがそれです。

あと、なぜかドラゴンボールの摩訶不思議アドベンチャーをここ一週間くらい帰宅後一回はきく、ということを、やってしました。それも懐かさからですね。

ほんとはずーっとユーチューブいじっていたいんですが制限があるので、ほどほどに楽しんでいます。

そして、先日の泣き歌(なぜかいきなり泣き歌に)は松山千春の「君を忘れない」でした。友情などにも置き換えられるので恋愛中じゃなくてもぐっときます。 

人生も考えてしまいます。深いです。

あと、浜田省吾もよく聞きますが自分のCDには入ってないやつで「愛という名のものに」がそれです。「悲しみは雪のように」ではなく。(そちらももちろん名曲です!)これは一時期聞くたびに泣いていました

私離婚してるんですが、なんか離婚するか悩んでた時とか聞いて泣いてました。

いつの間にか、私の泣き歌紹介みたいになってますね…。

逆に元気ソングは最近は(コロコロ変わるというか、戻ってくるんですが色々あります)パーソンズのディアフレンズでした。

ピンクサファイアのPSアイラブユーも大好き!先程も聞いてました。パワーがすごいです。

私は若い頃から割と昔の曲を好む傾向があって何かで知っていいなと思ったらレンタルして聞いてました。

今はネットがあるから本当に便利過ぎますよね。

ユーチューブなど、すっごくありがたいんですが、ちょっと80年代後半から90年代初期に憧れがあるものとしては携帯電話がなかった時代にトレンディドラマ風なこともやってみたかったな、などと思ったりするのです。

まとまらないので終わります。