読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしく、楽しく、自由に。

人生気楽に、自分らしく生きたいのに、ずっともがいてる人の成長ブログ。30代一人暮らし。

自分のブログについて

ブログをはじめて10日以上過ぎました。

読み返してみると、好きなことを好きに語るのはいいとして、会社の愚痴が多すぎることに気付きます。

文句ばっかり言って自分は何もしない。そして、大丈夫?と思われそうな精神状態。まずイライラしすぎ。

でも私、このまま行こうと思っています。

その日、本当に自分の心が思ってることを、書く。

誰かに話す場合、こんな事言ったらどう思われるかとか、こんな悪口ばかりきかされても楽しくないよね、と、本音を言わないことがあります。

でもブログに関しては、ありのままを書こうと思ってはじめたので、ださい部分や人としてどうなの?という事も書いていきます。

気分を害されたらすみません。

でも、そうじゃなきゃやってる意味がないんです、私がです。

こんな私でも心底変わりたいって思っているんです。


これからもよろしくお願い致します。

仕事が嫌な理由②

つづきです。


その後、営業さんに先方と話し合う場つくるか?と言われたんですがもうちょっと様子みると言いました、意気地がない自分。

会社の上司(女性)と気まずくなったりするのこわいし、まだなにも出来ていないくせに、ヒマとか言うなら、他に覚えること山ほどあるだろー思われたらどうしよう、そんなこと言える立場じゃないのかも、と思ったり。

ほんと大事なことから逃げたがりのびびりです。話し合わないとお互いどう思ってるのかわからないのに(営業さんにもさんざん言われた)

それから、ほんとに上司が私にふる仕事がないのか、私のキャパ?をみてふってるのかどうなのか、上司からきかないことには話が進まない、と営業に言われました。

ほんとにそうなんですが。

それから、11月〜最近までなんとなくやることがあり(忙しくはない、しかも誰でもできる仕事)仕事にやりがいや意味を考えるのをやめ、言われたことだけやる、気を利かせようとはしない、余計なことはしない、効率よくなどと考えない、と今まで社会人として仕事をしてきた時の自分の考えを捨てて過ごしてきました。

でも、モヤモヤ。先日、会った友人も頑張り屋さんで自分の今の仕事を一生懸命やっててイキイキいている(私にはとても眩しい)

まして学生時代の友人なんで、やっぱり会って話すと、私、これでいいのかなって思います。刺激されるというか。


しかも、こんなネガティブな内容の理由は…

今日、風邪ひいて気分悪いから帰りたい…今すぐ帰りたい!何かやることあるか考えて絞りだして毎日動いてるので、今日は頭が回らないし、外の仕事やりたくない。今日やらなくてもいいことばっかり。

帰りたいです。(しつこい!)

そして、また、もう2度会社に行きたくありません。(仕事の休憩中)


その後息がしづらくなったので頓服飲んだら元気になりました。でも風邪の症状があり具合が悪いのでこの辺で。ほんと、すみません。


会社が嫌な理由①

いつものことですが、会社が嫌でたまりません。おそらく理由はやることがないから。私は事務なんですが、ルーティンぽいものがほとんどないです。

下記は派遣の担当の営業に仕事がないことが悩みとして送ったメールです。出だし削りましたがほぼそのままです。あ、私は派遣で事務やってます。


〜ここからメールの内容〜

私の最近の業務は、電話対応、領収書(月1回)半日位でおわる、ファイリング(月1回)30分位でおわる、銀行、ポスティング、お茶出し、業者に依頼、その他雑務、という感じです。


少し前に手が空いた時に、お伺いをたてたとこと、『今は特にないからお勉強ノートのまとめや、○○などネットでみたりして』と言われてそれから何かやることありますか?ときいていいのかわからなくなってしまいました。

何かあるかときいて仕事の手をとめて何かやることを探してもらうのも申し訳ないと思ってしまいます。(そして何もないからダンボール片付けとかになる、例えですが。)


私としてはノートまとめなどは業務中にやることではないと思っていて、やるとしても夕方の最後の1時間でやるようなものだと思っています。なので朝からやるのはやりづらいし、朝イチからそれだけずっとやってるというのも苦痛です。

○○のサイトも時々閲覧はしますが1日ネットみてるのも、どうかと思うのです。

他のスタッフの方も業務中に居眠りしてたり、業務に全く関係ないインターネット見てたりしてる時があって、そういうのが許されるゆったりした会社なのかなーと思ったりします。多分、今は繁忙期ではないので、このような状態なのかもしれません。

それでも私は一生懸命仕事がしたいです。


ほんとにやることがなくて発狂しそうなときはあまり必要ないマニュアルなどをひたすらエクセルやワードに打ち込んだりしています。とにかく何かしていないとどんどん苦しくなるので。時計ばかり見てとてもしんどくなります。


自分がいる意味は何かと悶々と考えたり、自分はいなくてもいい人材だと思い、ネガティブになります。何もしていないのに会社としは人件費かかっている…など考えます。朝会社に行くときも今日は何をしようとヒマになる状況がこわいです。


以上がメールの内容です。このメールを担当営業に送ったのが10月位です。このメールを読み返してみるとこの頃の私はすごく仕事がしたそうですね、それも自分の納得のいく仕事を。

多分離婚して子供もいないからせめて仕事はやりがいがあってほしい、今持ってる自分のエネルギーを仕事に注ぎ込みたい、みたいに思っていたようです。


長くなるので次に分けます。


好きな曲を好きな時にきくこと。

こんにちわ。京子です。

自分にとっての精神安定剤みたいな音楽がたくさんあってその時の気分でユーチューブできいて本当に救われています。

その時の状況によって大分変わってきます。 Jポップだったりアニソンだったり(今時のアニメのオタクっぽいやつではなく単純に自分が子供の頃見ていたアニメ)、ロックだったり。そして、合唱曲の日もあります。

(こわいと言われたこともありますが自分がききたいんだから仕方ないです)そして、本同様に、音楽にも偏りがあります。まず洋楽はほとんど聞きません。

アニソンに関しては、幼い日のことを思い浮かべて母との思い出なんかを懐かしみたいのかと。純粋にあたりまえに母が大好きだったあの頃に戻りたいのかもしれません。

自分が4歳位〜6歳位までの時の曲をきくと、なんというか胸を締め付けられるような苦しいような切なくて涙が出る感情になります。メイプルタウン物語(初期のオープニング)などがそれです。

あと、なぜかドラゴンボールの摩訶不思議アドベンチャーをここ一週間くらい帰宅後一回はきく、ということを、やってしました。それも懐かさからですね。

ほんとはずーっとユーチューブいじっていたいんですが制限があるので、ほどほどに楽しんでいます。

そして、先日の泣き歌(なぜかいきなり泣き歌に)は松山千春の「君を忘れない」でした。友情などにも置き換えられるので恋愛中じゃなくてもぐっときます。 

人生も考えてしまいます。深いです。

あと、浜田省吾もよく聞きますが自分のCDには入ってないやつで「愛という名のものに」がそれです。「悲しみは雪のように」ではなく。(そちらももちろん名曲です!)これは一時期聞くたびに泣いていました

私離婚してるんですが、なんか離婚するか悩んでた時とか聞いて泣いてました。

いつの間にか、私の泣き歌紹介みたいになってますね…。

逆に元気ソングは最近は(コロコロ変わるというか、戻ってくるんですが色々あります)パーソンズのディアフレンズでした。

ピンクサファイアのPSアイラブユーも大好き!先程も聞いてました。パワーがすごいです。

私は若い頃から割と昔の曲を好む傾向があって何かで知っていいなと思ったらレンタルして聞いてました。

今はネットがあるから本当に便利過ぎますよね。

ユーチューブなど、すっごくありがたいんですが、ちょっと80年代後半から90年代初期に憧れがあるものとしては携帯電話がなかった時代にトレンディドラマ風なこともやってみたかったな、などと思ったりするのです。

まとまらないので終わります。

読書について。

本はよく読む方ですが、偏っているなぁと思います。

読書は母の影響で、本を選ぶ時そういえばこの作家さんの本、母読んでいたなと思って読んでみると大抵面白いです。

そしてしばらくその方の本を読み漁ります。自分の直感で選ぶ時もありますが。

また、その時の自分の年齢や、状況、精神状態などで、感じ方が変わってくるのでおもしろいです。

今、思いついたのだと藤堂志津子さんの「されど、かすみ草」という本に関してですが、はじめて読んだのが中学生くらい。母のを拝借したのですが感想はふむふむ、という感じ。内容は理解できてはいるが(当時はそう思った)ふーんという感じ。

その次は20代前半位に読んですごく主人公に感情が入ってこういうことだったのね、と中学生の時は全く理解していなかったと知ります。

それで30代でまた読んでこんどは少し物足りなく、若い女性によくある話だなという感想。20代に読んだ時が1番しっくりきたんです。たぶん主人公が25歳だったからでしょう。

藤堂志津子さんも母の影響で私もかなり読みました。日常のちょっとした男女の話が多いですね。不倫とか。キャリアウーマンが主人公など。

今は山本文緒さんにはまっています。

何年か前に読んだこともあったのですが、その時は今ほど心が揺さぶられる感覚はなかったです。

なんというか、あ、私生きてていいんだと思わせてくれるというか。めちゃくちゃ意味不明な例えですが。

普通の人の日常がだんだんと歯車が狂っていく感じや、危うい感じ、心の奥の闇みたいなもの。引き込まれます。短編集苦手なんですが全然楽しめます。きっと私の今の精神状態も関係してるんだと思います。

何かのコメントで、幸せな人には理解できない、と言っていた人がいたんですが、私も同感です。それでも私は幸せになることを心の底から望んでいます。


また機会があれば、本の話はしたいと思います。

全然休憩じゃない、休憩。

今、会社の休憩中ですが珍しく事務所がガヤガヤしている。土曜日だし子供連れてきてるお客さんもいる。何組来てるのかわからない。見たくもない。私はパーテーションで仕切られた所にいるので。

今気付いたけど、こういう雰囲気が大嫌いなのだった。子供嫌い。本当に正直になろう。

うるさい。にげたい。

帰りたい。そしてもう2度と出社したくありません。

自分の本当の気持ちって何だろう。

よく思うことがあるんですが、今自分の病んでる心の状態って、つらいって言っててもそれがどのくらいつらいかっていうのは自分にしかわからなくて、もう既につらいけど、もっとつらくなるまで頑張らなきゃいけないのかな、とわからなくなります。

それって本当に自分的にもう無理って思ってても、でも動けるし、ご飯も食べられるし、笑えてるし、なんとか薬飲みながら会社に行けてるし。

じゃあ自分はまだ大丈夫なのかな、でももうやだ、という感じ。

ほんとにやだ、逃げたい。

私は死にたいとよく言いますが本当は生きたくて、逃げたいんだと思う。この状況から。

例えば本当にとてつもないストレスなどで重度うつと診断された人の、絶対休まなきゃいけない度数が100だとして、今自分はどのくらいにいるんだろう、などと考える時があります。

またそれは自分がつらい、もうやだ!って思ってるのに、他人から(例えばお医者さんや、カウンセラーのような人)それは本当に会社辞めて休まなきゃいけない状態ですよ、そのくらいのレベルですよ、と言われないと、自分は休んだり辞めたりしてはいけない気がして、どんどん追い詰められる感じです。

(前に膀胱炎で婦人科に行った時に先生に、何かストレスある?ってきかれて仕事のストレスは少し…と言ったら、辞めちゃいなよ!って言われてその時すごく楽になったんです。

辞めてはいませんが。そう言われるだけですごく楽になった。あ、辞めていいんだ!みたいにな。その先生は身体に支障が出るほどストレスがある仕事なんてやらなくていいって考えっぽい。)

でも、会社でいじめられてるわけでもなく皆んな優しいし仕事も私は下っ端なのでなんの責任もない仕事をやっています。

定時で帰れるし、なにが不満なのって感じなんですが、もうなんか嫌なんですよ、とてつもなく。なんか嫌って思うと全てが嫌になりませんか、ドミノ倒しのように。雪崩のように。

自分の心に正直になろうとしてみると、会社での小さな出来事をいちいち、あ、私、これ無理、とか思って(くだらないことですよ、他人の家庭の事情に興味深々の先輩方とか、テレビ見ることしか楽しみのない先輩方とか、15年位いるのにそのスキル?って感じの先輩方とか、いままで何やってきたの、私、そうなりたくない!という)私いやな奴だな〜って感じです。

どんどん自分が嫌な人間になってくの、わかるんですよ最近。

考え方とか、以前の自分だったら絶対考えなかったことだったりするんです。

すごく悲しいです。


では、会社行ってきます。